[ホーム] [検索] [新着日記] [新着フォト] [新着レビュー] [新着Wiki] [新規登録]
powered by blue.jp
宇三九斎新録
by 宇三九斎
宇三九斎
ブログ「宇三九斎漫録」を移しました。
初老,男,国語教師です。
<< 2018年9月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の投稿
五十の手習い:自然時間...
家族の会話:色気ねえ
日本語再発見:どうでもいい話
読書感想文:『ルネサン...
はたらくおじさんと 梅昆布茶
小さい春みつけた
ことバトル:×丸vs....
ことバトル:〓子vs....
ことバトル:我が家ルー...
ことバトル:我が家ルール

最新のコメント
わははヽ(^o^)丿>...
★四コマ漫画の原作者に...
なんかサザエさんとかを...
★私にとっては面白いで...
ちょこっと見ました^^...
暑い時は塩分補給も大事...
菜の花畑ですね(^o^...
★カタカナを簡易発音記...
★我が家のヒエラルキー...
結局いちばん強いのは「...

カテゴリ

過去の記事

Rss

オモテ感想文とウラ感想文を書け

 09/08/13 21:58

前回,読書感想文のいかがわしさ・恥ずかしさについて書いたが,息子に問い合わせたわけではない。
高1の男子が,オヤジに自分の胸の内なんか,あかすわけない。
35年前の自分の気持ちを書いただけだ。その35年前の自分に言ってやりたいことがある。そういう葛藤があるならば,「オモテ感想文とウラ感想文を書け」
オモテ感想文は普通に,心にも無いことを書け。
ウラ感想文は思ったままを書くのだ。これは他人に見せるな。読んでいいのは,未来の自分だけだ。
ただし,次のことを守れ:
1:年月日(もしくは自分の学年)を忘れずに書いておくこと。
2:10年後の自分,20年後の自分が読んでも分かる書き方をしろ。
3:推敲するな。推敲すると,ついオモテ感想文方向に走ることがあるから。

要するに,建前の感想文と,本音の感想文の両方を書けということだ。社会に出たら,心にも無い建前の世界で生きなきゃなんない。一方,本音の部分というか感情を,酒やクスリではなくて作文で発散できたら,いいことじゃないか。

参考文献:清水義範・西原理恵子『はじめてわかる国語』

宇三九斎新録 | comments(2)

[001] SNSユーザ1
 最近Webには、昔に比べて裏感想文が溢れている気がするんですが……
 

09/08/14 20:22

[002] 宇三九斎
★blogが手軽に使えるようになってからは,確かにウラ感想文というか本音感想文が多いと感じます。
ですが一方,昔のWeb(私が知っているのは「パソコン通信」と呼ばれた時代からですが)ってオモテ感想文が多かったかしらん?オモテ読書感想文って,義務教育段階の学校の中にしか無かったような気がします。

もっとも,ソフトウエア・レビューなどの記事を,ソフトウエアに関する感想文と考えれば,いわゆる提灯記事はオモテ感想文に相当しますね。それなら昔も沢山読みました。「多機能」の面だけ強調して,「ストレスフルに重い」という面は書かない記事とか。

09/08/27 15:17

Name:

Comments: