[ホーム] [検索] [新着日記] [新着フォト] [新着レビュー] [新着Wiki] [新規登録]
powered by blue.jp
宇三九斎新録
by 宇三九斎
宇三九斎
ブログ「宇三九斎漫録」を移しました。
初老,男,国語教師です。
<< 2018年2月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新の投稿
五十の手習い:自然時間...
家族の会話:色気ねえ
日本語再発見:どうでもいい話
読書感想文:『ルネサン...
はたらくおじさんと 梅昆布茶
小さい春みつけた
ことバトル:×丸vs....
ことバトル:〓子vs....
ことバトル:我が家ルー...
ことバトル:我が家ルール

最新のコメント
わははヽ(^o^)丿>...
★四コマ漫画の原作者に...
なんかサザエさんとかを...
★私にとっては面白いで...
ちょこっと見ました^^...
暑い時は塩分補給も大事...
菜の花畑ですね(^o^...
★カタカナを簡易発音記...
★我が家のヒエラルキー...
結局いちばん強いのは「...

カテゴリ

過去の記事

Rss

ウラ読書感想文:『論語』

 09/09/05 14:36

「四十にして惑わず」……私は実人生で四十になったとき,この言葉とはほど遠い状態だった。
そこで,これは孔子の言葉だから,孔子が四十で実現できたことを,小人たる私が実現できない
ことを嘆くのは傲慢だという言い訳を作った。そして,「君子固〔もと〕より窮す。小人窮すれば斯〔ここ〕に濫〔みだ〕る」なんてのを読んで,窮したら乱れていいんだと安心したりした。

ところが,小人であることも,けっこう難しい。

例えば「君子は義に喩〔さと〕り,小人は利に喩る」(里仁篇)
利にさとくあるためには,状勢を判断する力,目的が利にあることをさとられないための演技を続ける意志力,そして利を手にするまであきらめない気持ち……どれも私には無い。

私は小人にさえなれないようだ。ほかに努力しない言い訳になる言葉は無いものか。あった。
「ただ上知と下愚とは移らず」(〔だれでも習いによって善くも悪くもなるものだが〕とびきりの賢い者とどん尻の愚か者とは変わらない)(陽貨篇)
私は小人にさえなれない下愚なんだ。下愚が習っても無駄だと孔子様が保証してくれる。
これで努力しない言い訳ができた。とりあえず授業の予習をやめよう。
そうしたらもちろん,分かってないことを教わる人たちに迷惑をかけることになる。

おっとっと。下愚だからこんな誰でも分かることさえ分かってはいけない。
教わる人たちに迷惑をかけるのは,もちろん義に悖〔もと〕るが,下愚の分際で義にもとることを気にしてはいけない。

*訓み下し文および訳文はテキストは岩波文庫(金谷治訳注)を使いました。

宇三九斎新録 | comments(1)

[001] SNSユーザ1
わははヽ(^o^)丿
もはや屁理屈も極めり(爆)
あ、下愚な人は、こんな屁理屈をこねませんよね(笑)

09/09/08 11:23

Name:

Comments: