[ホーム] [検索] [新着日記] [新着フォト] [新着レビュー] [新着Wiki] [新規登録]
powered by blue.jp
宇三九斎新録
by 宇三九斎
宇三九斎
ブログ「宇三九斎漫録」を移しました。
初老,男,国語教師です。
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の投稿
五十の手習い:自然時間...
家族の会話:色気ねえ
日本語再発見:どうでもいい話
読書感想文:『ルネサン...
はたらくおじさんと 梅昆布茶
小さい春みつけた
ことバトル:×丸vs....
ことバトル:〓子vs....
ことバトル:我が家ルー...
ことバトル:我が家ルール

最新のコメント
わははヽ(^o^)丿>...
★四コマ漫画の原作者に...
なんかサザエさんとかを...
★私にとっては面白いで...
ちょこっと見ました^^...
暑い時は塩分補給も大事...
菜の花畑ですね(^o^...
★カタカナを簡易発音記...
★我が家のヒエラルキー...
結局いちばん強いのは「...

カテゴリ

過去の記事

Rss

 ( 1 - 20 件 / 全 39 件)

五十の手習い:自然時間と政治時間

 11/02/24 19:48

ニュージーランドの地震に関して,7時のニュースで「現地では今,11時過ぎですが」と言っていた。これは勉強ネタに出来ると思って,娘に,「日本では東経135度を基準にしています。ニュージーランドは,日本より4時間早いです。さて,ニュージーランドは東経/西経何度を基準にしているでしょう」と質問した。娘は「西経165度」と答えた。私の考えていた正解と一致した。
ところが息子が地図を見て,「ニュージーランドの首都ウェリントンは,ほとんど日付変更線あたりにあるよ」と言った。確かにそうだ。Wikiでみると東経174度くらい。
そのとき,9.11同時多発テロのときに感じた時間のズレの理由を思い出した。

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(0)

家族の会話:色気ねえ

 11/02/19 15:48

娘「お父さん,お兄ちゃんが産まれる前は,お母さんのこと,なんて呼んでたの」
父「わぎもこ(我妹子)よ」だよ。
娘「お母さんはお父さんのこと何て」
母「○×にいちゃん」
娘「え,色気ねえ」




続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(0)

日本語再発見:どうでもいい話

 11/02/16 17:06

きのう(2月15日)に,近所のスーパーで「バレンタインチョコの売れ残りを安売りしてませんか」と
店員さんに尋ねたら,近くにいた買い物客(30歳ぐらいの女性)からにらまれた。
別に変なことを言った覚えは無いのだが,今,仕事で自立語と付属語を分けていたら気づいた。
自立語だけを取り出すと,「バレンタインチョコ,売れ残り,安売りする」の3つになる。
私をにらんだひとは,自立語だけを取り出して意義付けする耳を持っていたのだろうか。
ちなみに,そのスーパーでは安売りしていないとのこと。
(95%フィクションです)

宇三九斎新録 | comments(3)

読書感想文:『ルネサンスとは何であったのか』(塩野七生,新潮文庫)

 11/01/11 22:12

昨年末はNHK BS hiの,「BS ベストオブベスト」を観ていて寝不足になった。
今年1月は,「イタリア 7つの輝き」と銘打って,イタリア特集を放映している。
最初に観たジェノヴァからヴェネツィア(ベニス)までの港巡りの番組が,『海の都の物語』に重なる部分の多い話だったけど,肝腎のヴェネツィアの話が殆ど無かった。
今日(2011年1月11日20:00-21:30)のはウフィツィ美術館だったが,標題の本のフィレンツェに関わる部分をうまく切り出しており,映像も美しかった(ハイビジョンだし)。
港巡りの番組でヴェネツィアの『海の都の物語』の話を入れると時間枠に収まらなかったんだろうな。

宇三九斎新録 | comments(2)

はたらくおじさんと 梅昆布茶

 10/08/18 15:47

働くおじさん(haruaki) 自然梅コブ茶(haruaki)
2010年8月16日,病院に入る前に,電信柱で作業しているおじさん(といっても私より若いだろうが)を見かけた。
90分後,診察後に見ると,作業はまだ続いていた(写真左)。
同じ人かどうか分からないし,電力線の工事か,電話線の工事かも見分けられない。

ただ言えるのは,こういう作業をする人がいるからこそクーラーも動き,緊急時の電話もつながるということだ。 名も知らぬ保守員さん,ありがとう。そして,体に気をつけて。

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(1)

小さい春みつけた

 10/03/12 20:37

夕暮れの菜の花(2010/03/08)(haruaki)
冬から春への不安定な季節です。小さい春をどうぞ。3月8日撮影です。

宇三九斎新録 | comments(1)

ことバトル:×丸vs.父~~2010年1月13日(水)

 10/01/19 19:11

※コピーレフトです。以下,前回と同文

0 登場人物
父:ことバトル我が家名人
×丸〔ぺけまる〕:息子(高1)
〓子〔げたこ〕:娘(中1),今回はバトル解説聞き手役
母:今回はバトル解説役


続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

ことバトル:〓子vs.父~~2010年1月13日(水)

 10/01/19 19:02

※コピーレフトです。特に,ネタに困ったマンガ家・マンガ原作者には勝手に使っていただきたい。

0 登場人物
父:ことバトル我が家名人
×丸〔ぺけまる〕:息子(高1),今回はバトル解説役
〓子〔げたこ〕:娘(中1)


続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

ことバトル:我が家ルール(続き)

 10/01/10 11:35

「ことバトル」ルールの例の続きです。これまた,
※コピーレフトです。商用に使っても,カーマイン訴訟みたいなことはしません。

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

ことバトル:我が家ルール

 10/01/10 11:27

上記の会話を聞いて父は,少なくとも以下の2点でルールが明確で無いことに気づいた。
1:ワード(語)なのかフォーン(音)なのか表記したときのレター(文字)なのか。
2:競技開始の時点をいつにするか。
そこで父は,それらを明確化し,以下のように全国の中高生にも遊んでもらえるように,以下のようにルールを定める。
※コピーレフトです。商用に使っても,カーマイン訴訟みたいなことはしません。


続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

家族の会話:ことバトル

 10/01/09 20:52

1月8日は始業式(3学期制)で,子どもたちが二人とも昼食を家で食べた。
肉まんは4つで全員1つずつでno prolem。問題はあんまんが5つで,1つ余ることだ。
アラフィーの親たち,――あ,四捨五入してゴメンなさい>母ちゃん。私はオーバーフィフティーで,母ちゃんはアンダーフィフティーです――が1つずつで最後の1つは子供たちは規定事項。そこで子供たちに自己決定を委ねた。娘は「無言の行で決めるかなあ」と言ったが,息子は,「ことバトルで決めよう」と言った。



続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(3)

読書感想文:中島敦全集

 09/12/27 17:04

今年(2009年)が終わる前に書いておきたい。
今年は太宰治・松本清張の生誕100年ばかり採り上げられたが,中島敦(1909~1942)の生誕100年でもある。
高校生のときに「山月記」と「弟子」〔仏教語および一般語としては呉音のデシと訓むが,この話は儒教関係の話なので漢音でテイシと訓むらしい〕は読んだが,いわゆる南洋物(「光と風と夢」とか)は手近な文庫本に入っていなかった。父の本棚をゴソゴソ見たら,ちくま文庫で全集1~3があった。奥付は1993年。
その中で,心に残った一節だけを採り上げてみる。

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

日本語再発見:平等

 09/10/04 18:24

「平等」という語形をさかのぼると,これまた仏教語にいきつきます。宇治平等院のサイトにあるFAQによると,「仏はすべての人を救済するから平等院と名付けられた」みたいなことが書いてあります。宇治平等院は現在,天台宗と浄土宗で共同管理しているそうですが,浄土宗の開祖・法然も当初,比叡山で学び,浄土真宗の開祖・親鸞も比叡山で20年学んだあと法然の門弟になったので,天台宗と浄土宗は浅からぬ縁があります。親鸞の「悪人正機説」は,平等原理主義ですよね。
この語形にegalitéの持つ世俗的・社会的意味が訳語として上書きされました。仏教語としての「平等」は,「差別〔仏教語ではシャベツ,世俗的意味ではサベツと読む〕」の対義語です。世俗的・社会的意味での「平等」がどうなったか。合衆国憲法と日本国憲法の参政権をみてみましょう。

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

日本語再発見:自由

 09/10/04 15:50

前回フラテルニテの訳語の話をしましたので,リベルテの訳語について。
中国における「自由」という語形には,二つの意味があるようです。一つは「勝手気まま」。
一方,禅宗の用語としての意味は,鈴木修治『日本漢語と中国』(中公新書)p.142前後に書いてあることを,私の責任で要約すると,「心がいっさいの束縛から解き放たれていること」となります。


続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

日本語再発見:友愛

 09/09/25 14:43

フランス大革命のスローガンをカタカナ発音で示すと,「リベルテ,エガリテ,フラテルニテ」となる。
「自由,平等,博愛」と訳されることもあるが,「博愛」という語はアガペーの訳語に使いたい。
キリスト教の神ならば博愛も可能だろうが,人間には無理だからだ。

フラテルニテは,直訳すれば

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(4)

ウラ読書感想文:『論語』

 09/09/05 14:36

「四十にして惑わず」……私は実人生で四十になったとき,この言葉とはほど遠い状態だった。
そこで,これは孔子の言葉だから,孔子が四十で実現できたことを,小人たる私が実現できない
ことを嘆くのは傲慢だという言い訳を作った。そして,「君子固〔もと〕より窮す。小人窮すれば斯〔ここ〕に濫〔みだ〕る」なんてのを読んで,窮したら乱れていいんだと安心したりした。

ところが,小人であることも,けっこう難しい。


続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(1)

オモテ感想文とウラ感想文を書け

 09/08/13 21:58

前回,読書感想文のいかがわしさ・恥ずかしさについて書いたが,息子に問い合わせたわけではない。
高1の男子が,オヤジに自分の胸の内なんか,あかすわけない。
35年前の自分の気持ちを書いただけだ。その35年前の自分に言ってやりたいことがある。そういう葛藤があるならば,「オモテ感想文とウラ感想文を書け」

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

随想:読書感想文って恥ずかしくね?

 09/08/13 16:29

注意:夏休みの宿題の読書感想文のコピペ元ではありません。読書感想文に関する随想です。

息子(高1)が,「中学のとき,『読書感想文はあらすじだけではいけません』と言われたけど,おかしくね?」と言った。どうやら,自分の感想を書きたくないらしい。その理由を忖度〔そんたく〕してみた。

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(2)

日本語再発見:納得できない「右肩上がり」という語

 09/08/08 20:34

経済分野で「右肩上がりの成長が続くと思われていたが」等に使われる「右肩上がり」という語の不思議に,ふと気づいた。

続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(8)

家族の会話:なぜニュース原稿の字は大きいの?

 09/06/13 22:53

この前ニュースを観ていたら,最後に俯瞰的なショットになって,原稿が少し見えた。
妹「お父さん,原稿の字はなぜあんなに大きいの?」


続きを読む>>

宇三九斎新録 | comments(3)

1 2  >>