[ホーム] [検索] [新着日記] [新着フォト] [新着レビュー] [新着Wiki] [新規登録]
powered by blue.jp
May the force be with you.
by mick
mick
WEBマーケティング、経営コンサルティング、M&A仲介を本業としています。
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の投稿
成田空港の第一ターミナルが
「20代」でやっておき...
防火・防災管理新規講習
計画的陳腐化
並び屋さんによる妨害に...
米PC Pitstop...
成田空港ロビー
Gateway LT2...
伊豆スカイラインから望...
新年始めから国際的なス...

最新のコメント
マカフィーは、誤検知が多い
なんとーーーー ...
転売屋に見えるけど実は...
ヤマダ電機さんのまわし...
たしかにその可能性はあ...
アルミ缶集めは、時給換...
昨年はメモリが安価にな...
sumoiさんが解説し...
僕が狙っていたネットブ...
参考になりました。おっ...

カテゴリ

過去の記事

Rss

特定商取引に関する法律及び割賦販売法の一部を改正する法律が来月より施行

 09/11/10 10:38

ネット通販を本業としている会社としてはあたりまえのことで、当社も以下の点は当初よりアドバイスしてきて当社のお客様に関しては守られていた点だが、以下のポイントが来月より法改正される。
①返品の可否・条件を広告に表示していない場合は、8日間、送料消費者負担での返
品(契約の解除)を可能にします。(特定商取引法改正)
②消費者があらかじめ承諾・請求しない限り、電子メール広告の送信を禁止します。
(特定商取引法改正)
③クレジット事業者に対して、個人情報保護法ではカバーされていないクレジットカ
ード情報の保護のために必要な措置を講じることを義務づけるとともに、カード番号
不正提供・不正取得をした者等を刑事罰の対象とします。(割賦販売法改正)

http://www.meti.go.jp/press/20080307003/20080307003.html
また、「ついでに」的な要素強いが、エステなどのサービス業者が信販を利用して膳サービスをクーポン券方式で販売し、事業者側が先に現金を手にし、サービスをお客様に提供する前に倒産や夜逃げするということが相次いでいたが、それに対応する法律も緊急的に施行される。(信販会社は社会的に非難されていたため、すでに自主規制中であったが、法律ができてサービス事業者に対して断りやすくなったといえる)

2番目の法案は、世論から聞こえてるくスパム的にメールを何通も毎日送信してくるR社のために作られたことは明白ではないだろうか。

こんな法案を作らなくてはいけないとは、なんとも情けない。モラルがあれば法律はいらないのだろうけど、モラルなき企業に永続性はない。

日記 | comments(0)

Name:

Comments: